青汁

おいしい青汁


美容と健康の成分といえば、ヒアルロン酸・ローヤルゼリーを思い浮かべる人が多いと思いますが、
ヒアルロン酸はどういうものに使われているのでしょうか? 


身近なところでは、健康食品によく使われています。保水性に富んでいるので、コスメに良く使われています。
赤ちゃんの肌だって、みずみずしくてプヨプヨしていますよね。
ヒアルロン酸がたっぷり含まれていて、みずみずしくてはりがあるのは、そのせいなんです。

だから、化粧品とかハンドクリームなどにも使われています。医薬品にも使われています。
よく知るところでは、「飲むヒアルロン酸」ドリンク剤ですね青汁へも使われています。ほかには目薬などにも使われています。
ちょっと専門的になりますが、間接機能改善剤・眼科手術補助剤としても使われています。
こうしてみていきますと、ヒアルロン酸は、いろいろなところで特性が生かされているのがわかります。
こちらのがん予防やニキビに効く青汁口コミランキングも参考になるのでご覧ください。


人の体の中では、皮膚にだけ存在するのかなと思っていましたが、
体中、あちこちにあります。血管の中、関節、脳など、へその緒にもあります。
ヒアルロン酸は、加齢とともに減っていきます。特に、30歳をピークに急激に減っていきます。

年をとって関節を患うのもこのためです。人の暮らしの中で、すっかりおなじみのヒアルロン酸ですが、
無色透明の水溶液でジェルのようにドロッとしています。
ヒアルロン酸は、細胞と細胞の間に多く含まれていて、クッションのような役割をしています。
ヒアルロン酸が、人の体へも使われるようになったのは、競走馬がきっかけでした。

レースに出場予定だった競走馬が関節炎を患って、
レースに出場することが出来なくなったところヒアルロン酸を注入したところ、
レースに出場でき、優勝まで出来たのだそうです。馬に効くなら人にも効くのではというのが始まりだったそうです。

ローヤルゼリーは、働き蜂が、ごく少量分泌するクリーム状の物質で、たんぱく質・ミネラルが豊富に入っています。
完全栄養食といわれていて、鶏卵と同じくらいの栄養があります。ローヤルゼリーは、蜂蜜とは違います。
ローヤルゼリーは。女王蜂の特別食で、若い働き蜂がつくりだす蜜です。蜂蜜は、働き蜂が花から集めてきた花の蜜で、働き蜂のえさにもなります。
より詳しく青汁について知りたい方にはhttp://www.bordenfrc.org/aojir.htmlもおすすめです。

ページ上に戻る